プレミアム付商品券事業について

消費税・地方消費税率の10%への引上げが低所得者・子育て世帯の消費に与える影響を緩和するとともに、地域における消費を喚起・下支えすることを目的として、プレミアム商品券事業が実施されます。

使用には住民票のある市区町村へ申請し、商品券を購入する必要があります。使用可能期間は2019年10月1日から2020年3月31日までの間で市区町村の定める期間となっています。

2019年8月16日 | カテゴリー : 医療助成 | 投稿者 : 仲谷クリニック

今年も無料風疹抗体検査と一部負担風疹予防接種が実施されています。

今年も19歳以上の妊娠を予定または希望する女性を対象に風疹抗体検査の助成、並びに抗体が不十分な方を対象に風疹単抗原ワクチンもしくは麻疹風疹混合ワクチンの助成を行っています。また、昨今の風疹の大流行により、19歳以上の妊娠を希望又は予定する女性を対象にした風疹抗体検査及び予防接種事業について、平成30年11月1日より対象者が拡大され男性でも同居者なら対象となりました。

2019年5月16日 | カテゴリー : 医療助成 | 投稿者 : 仲谷クリニック

東京都大気汚染医療費助成制度改正のお知らせ

東京都では、一定の条件を満たす気管支喘息の患者を対象に医療費の助成を行っていますが、平成30年4月1日より制度が変わります。

*平成30年4月1日以降の診療分から、保険診療窓口負担額のうち、月額6,000円までは自己負担となります。
*月額の自己負担額は、各医療機関(病院、診療所、薬局)で「自己負担限度額管理票(東京都大気汚染医療費助成用)」に記載してもらい管理します。
*同じ月に支払った各医療機関の医療費を合算し、月額の合計が6,000円に達した時には、その月はそれ以上の患者自己負担はありません。
*満18歳に達する月の末日までは、対象疾病の医療費(保険診療の窓口負担額)は全額助成されます。

制度に関するお問い合わせ先は、東京都福祉保健局健康安全部環境保険衛生課
電話;03-5320-4492(受付時間:月曜から金曜日 午前9時から午後5時)

2018年3月1日 | カテゴリー : 医療助成 | 投稿者 : 仲谷クリニック

臨時福祉給付金の支給について

平成26年4月に実施した消費税率引き上げによる所得の少ない方への影響を緩和するため、臨時福祉給付金が平成28年秋より支給されていますが、新たに「臨時給付金(経済対策分)」(15,000円)が支給されることとなりました。

対象者は平成28年度臨時福祉給付金の支給対象となった方で、受け取るためには市町村への申請が必要です。

 

2017年3月15日 | カテゴリー : 医療助成 | 投稿者 : 仲谷クリニック

平成28年度臨時福祉給付金及び障害・遺族年金受給者向け給付金の支給について

政府においては、平成26年4月に実施した消費税率引き上げによる所得の少ない方への影響を緩和するために、平成28年度も「臨時福祉給付金(簡素な給付措置)」を支給し、併せて「一億総活躍社会」の実現に向けて、賃金引上げの恩恵が及びにくい所得の少ない年金受給者の方へ「障害・遺族年金受給者向け給付金(年金生活者等支援臨時福祉給付金)」を支給することとしています。

今回の給付金の申請受付期間は、各市町村ごとにより異なっていますので、厚生労働省の特設ホームページ(「カクニンジャ」で検索)でご確認お願いいたします。

kakuninn_0003kakuninn_0001kakuninn_0002

2016年8月30日 | カテゴリー : 医療助成 | 投稿者 : 仲谷クリニック

小平市風疹抗体検査の助成について

小平市では、19歳以上の妊娠を予定または希望する女性を対象に風疹抗体検査の助成、並びに抗体が不十分な方を対象に風疹単抗原ワクチンもしくは麻疹風疹混合ワクチンの助成を行っています。ご希望の方は医療機関にお申し込みください(すでに風疹に罹患した既往のある方、風疹に係る予防接種を2回接種した方、風疹抗体検査をすでに施行されていて抗体価が十分な方は除く)。

実施期間;平成28年4月1日から平成29年3月31日まで

妊婦が妊娠早期に風疹に罹患すると、生まれてくる赤ちゃんが先天性風疹症候群と呼ばれる病気になり、心臓奇形、白内障、聴力障害などの障がい者となる可能性がありますので是非検査を受けてください。風疹ワクチン接種後は2か月間妊娠を避けることが必要です。

2016年4月23日 | カテゴリー : 医療助成 | 投稿者 : 仲谷クリニック

日本脳炎ワクチン定期予防接種の特例について

平成19年4月2日~平成21年10月1日生まれの方で、第1期の日本脳炎ワクチンの接種漏れがある場合、特例として不足回数分を第2期の接種期間の間に定期予防接種として接種することができるようになりました。

第1期接種漏れのため追加の予診票が必要になった場合、小平市健康推進課(℡:042-346-3700)にお問い合わせください。追加予診票の発行には母子健康手帳が必要となりますのでご用意ください。

平成27年に千葉県で日本脳炎の発症報告がありました。関東地方にも日本脳炎媒介蚊が存在しますので未接種の方は、ぜひ接種されることをお勧めします。

2016年4月21日 | カテゴリー : 医療助成 | 投稿者 : 仲谷クリニック